熊本の住宅会社(工務店、設計事務所)。新築注文住宅からリフォーム及びデザイナース・ローコスド戸建賃貸住宅等の企画・設計・建築を得意としてます。

 ログハウスの土壌処理

 ログハウスの土壌処理

Tag: ログハウス

現在、松橋町に阿蘇に建っていたログハウスを移築するための工事を進めています。

基礎工事の砕石敷き込み及び転圧までの工程が終わり、防蟻(シロアリ)対策の土壌処理をしました。

土壌処理風景

この作業が終わってから防湿シートを敷き、配筋作業を始めます。

所々 くぼんでいる箇所 がありますが、これは杭の頭が覗いてる為です。

この土地は地盤調査の結果、地耐力が弱かったので地盤補強工事の種類でいう湿式柱状改良工事をしました。

湿式柱状改良とはセメント系固化材と水を混合撹拌したセメントスラリーを作成し、現状地盤とセメントスラリーを撹拝装置により掘削しながら混合撹拌し、地中に柱状の改良体を築造する事により建物荷重を有効に地盤に伝える事を目的とする工法です。

ちょっと難しい話しをしてしましました。

明日の昼からJIO(公的な検査機関)配筋検査の予定ですので急ピッチで配筋を並べて組んでいきます。


    コメント


    認証コード6934

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

    powered by HAIK 7.3.8
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional