熊本の住宅会社(工務店、設計事務所)。新築注文住宅からリフォーム及びデザイナース・ローコスド戸建賃貸住宅等の企画・設計・建築を得意としてます。

見えないところの安心

見えないところの安心

Hiユニ構法とは?

木造軸組工法接合金具2×4工法を組み合わせた次世代工法です。

  • 木造軸組工法とは柱と梁を組み合わせる日本の伝統的な工法で、現在は筋交いや仕口を金物補強している。
    敷地対応力や間取りの自由度が最も高く、将来のリフォームや補修もしやすい利点がある。
  • 2×4(6)工法とは2インチ×4インチ(6インチ)の部材と合板でできたパネルで床や壁をつくる工法。
    壁が面で構成されているため、耐震性や遮音性に優れており、気密性も確保しやすいが、開口部に制限がある。

仕口部に接合金具を使用

特殊接合金具

 接合金具使用により木を傷めず、各部材との強度的バランスを保ち、高精度で強靭な品質を実現しました。

 これにより在来軸組工法のほぞ加工による接合より接合強度をより高めることができます。

モノコック(一体)構造を採用

画像の説明

 地震や台風の際、住まいに加わる一瞬の力は創造を絶するものとなります。
 Hiユニ構法は、その力を家全体に分散させることにより強度をアップさせるモノコック構造を採用しました。

 壁、床、屋根の構造用パネルと躯体とを一体化し、耐震・台風に対して高い性能を発揮します。

Hiユニ構法の構成概要図

&ref2(): File not found: "swfu/d/s_haiyunizu.png";;

Hiユニ構法の建て方流れ

Hiユニ構法

新木造軸組工法

在来軸組工法

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional